TEL:072-448-7701

〒596-0801 岸和田市箕土路町2-12-34

オルゴール療法

HOME»  オルゴール療法

オルゴール療法とは

オルゴール療法とは

オルゴール療法とは、オルゴールの持つ3.75ヘルツ~ 10万ヘルツの高周波・低周波が脳幹の血流を促進して神経とホルモンを正常にする療法です。人間の通常の可聴域は、20ヘルツ~1万6000ヘルツです。
脳幹は生命を持続する神経の中枢で意識と覚醒に重要な神経回路であり自律神経を支配し血流やホルモンの分泌、免役に至るまでの命令を出す大切な部分です。
このようにオルゴール療法は対症療法ではなく脳神経の中枢から改善する根本の療法です。つまり脳幹を正しくして、自律神経の活動を回復させると体は自然に正常に戻ろうとするのです。

オルゴール療法は、多数の症例報告より以下の点に効果が認められました。

  • 睡眠障害や過食拒食、唾液や汗が出にくくなったりする症状
  • 血流の悪化から起こる手足の冷えやしびれや震え、高血圧、低血圧
  • 免疫異常であるリウマチや胃炎・口内炎などの炎症、アレルギー疫患
  • 甲状腺機能の異常
  • 脳全体の血流量があがるためアルツハイマー病や認知症、脳梗塞後遺症
  • リハビリと併用した改善例が検証されています。

高周波・低周波を含む音楽の大切さ

1995年文部省大学共同利用機関放送教育開発センターATR人間情報通信所感性脳機能特別研究所、京大、脳病態生理学の合同チームにより、高周波が脳幹と視床下部を活発にして血流を促すことがPET(陽電子放射断層撮影法)で観察され、京都市で開かれた第4回神経科学国際大会で発表されました。

  • A.高周波を含む音楽では全身の感覚を大脳へ送る中継点の視床下部と自律神経などを司る脳幹の血流を増大させた。
  • B.高周波を削った音楽では血流が減少した。
  • C.2万2000キロヘルツ以上の耳では聞こえない高周波だけの音では通常と変わらない。

B.のような可聴域だけの音や、C.のような高周波だけの場合では血流は増大せず、両方が組み合わさったA.の場合のみ血流は増大しています。 このことから高周波と低周波を豊富に含む音楽は脳幹・視床下部などを活性させていることが初めて分かったのです。CDやテープレコーダーなどの電気的な再生音では高周波が削られているため、音楽療法の効果が少ないのです。 したがってオルゴールの響きを生の演奏で聴くことが重要であることが証明されました。

アルファ波の測定

オルゴールを聴いているときにアルファ波(気持ちの良いときに出る脳波)が検出されました。(鉛の閉室でスイスオルゴール72弁にて測定) 脳全体が正常に働くときに出るアルファ波は、脳の正常性を見るために大切です。CDでは、アルファ波が出にくいという研究結果を奈良教育大学の福井教授からも発表されたことから、オルゴールでのアルファ波の実測は必要なデータでした。気持ちの良いときに出るAlpha1とAlpha2が検出されました。

Alpha1がオルゴール提示前(左)と提示後(右)で赤く顕現し、大きく変化しています。
このようにオルゴールではAlpha1とAlpha2が確実、顕著に現出することが証明されています。

脳梗塞の回復期にある女性の症例です。オルゴールを聴いている間はアルファ波の検出は認められませんでしたが、提示直後に高いアルファ波の検出が観察されました。このようにアルファ波の出にくい状態にある脳でも、オルゴールの脳波に及ぼす強い効果が証明されています。

オルゴールの名曲「カノン」が自律神経に与える影響

右のグラフは関西大学保健センター所長飯田教授のデータです。昼間に優位になっている交感神経がオルゴールで見事に沈静化する(副交感神経が優位になる)データです。ベルリンの国際学会で発表したいほどの高いデータとのことです。深い睡眠は大切な健康法といわれています。「響きの有効性」の科学的な証明です。

オルゴール療法が病気を改善するメカニズム

脳幹への直接の刺激は、交感神経の働きを助け心臓の動きを活発にして全身の血流を促進します。酸素や栄養素や白血球の流れを良くします。内臓の動きを正常にし筋肉を強化して脊椎を正しい位置に戻します。また、ホルモンの分泌を正常にします。副交感神経の優位は胃腸の働きを助け消化を良くします。全身の緊張を解き真のリラクゼーションを呼び戻します。ストレスから解放されるとき健康な身体になり、新進が恒常性を保つようになります。

オルゴール療法は、低周波から高周波までの音によって脳を正常にする高位の両方と言えます。
現代医療が施す症状に対する治療ではなく、あくまで脳の働きを正常にすることから身体を正常にすることを行います。悪い副作用もなく、リバウンドもありません。現代の医療に併用して大きな効果が期待できるすぐれた療法といえます。

当病院で実際に行っているオルゴール療法

バロック 交感神経の刺激(2曲・30分間)

ポーター社製 152弁
現代では、最高の音域と音色を持つディスクオルゴール

ディスクは「エーデルワイス」「星に願いを」「峠の家」など8枚あり15分毎に交換します。

「完璧でないものは世に出さない」と言ってのける完全主義者ドワイト・ポーターの哲学が結晶した類まれな作品は、優れた演奏機器であると同時に美を極めた最高級の響きと音色です。

ローズ 副交感神経の刺激(1曲・10分)

72弁

曲は「パッフェルベルのカノン」です。

最高級のクルミの根材にバラの象眼が施され、根材独特の重厚な響きの低温と美しい高温がミックスされて気品のある音色が特色です。豊富な自然倍音を持った72弁クラスでは最高の響きと音色です。

ホワイトローズ交感神経の刺激(3曲・20分間)

144弁

曲はモーツァルトの「トルコ行進曲」など3曲です。

144弁のムーヴメントとマドロナのコブ材による重厚でまろやかな響きです。

PAGE TOP